foootan’s blog

でぐちまでのまいにちを大切にするのだ(宣言)

コナンドイルは語るを読んで

今週のお題「読書の秋」

 

たまたま手にした本。

スピリチュアル。

半信半疑、だけど、読んでいくうちに引き込まれていった。

 

スピリチュアルって、身近どころか、自分のことも含まれてる。

思えば自分のことだって、心は見えないし、不思議はいっぱい。

 

スピリチュアルのこと、新しい目で見られるようになった。特別なことではない、自分のこととして。

 

読書って、世界や視野を広げてくれる。

それらを受け取るゆとりも作ってくれる。

 

また新しい本と出会えた秋。

明日はどんな本を手にできるかな。

 

この世の使命

使命とか運命とか

わからないからいい

これかな、あれかなって

探してるくらいがいい

わかったとしもできる自信ないし

わかってからじゃ冒険できないし

だけど、岐路にさしかかると

まじめに向き合わざるを得ない

どっちが正解?

どうしたらいい?

使命とか運命とか、

私、果たせてるのかな。

ただ、そんな風に

毎日を生きている

普段着

普段着でいろよって、彼が言う。

その言葉がどれだけあたたかくて泣けてくるか。

着飾ったり、かくしたりの私のこれまでを見ていたの?

もうずいぶんこんなのになってなかった。

胸が熱くなるような想い。

ちょっとだけ苦しい。

彼はまだ彼氏じゃない。

だけどもう、そんなの関係なくて。

昔の彼氏は特別枠みたい。

また会えて、会って、良かった。

この想いだけでも、有り難い。

本当にありがとう。

しあわせ

特に日常は変わっていないのだけど、

何か宗教を始めたわけでもないけど、

しあわせなんだ、最近。

なんだろう、この気持ち。

20年前の好きな人と再会した時の気持ちと同じくらい。なんだろう。

亡き父がいたら、変なもの食ったかと言われそう。

なんか、お金もないし、何もないけど、そこに行き着いて、心は平和なのかな。

生きてるだけで、ラッキーだ。