読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

foootan’s blog

でぐちまでのまいにちを大切にするのだ(宣言)

ぼんやり

時間を気にせずぼんやりと


家事も気にせずぼんやりと


仕事も気にせずぼんやりと


ぼんやり、ぼんやり


こんな時間が来るとは

あの時は思わなかった


人生の春休み


風に桜の香り

今年も桜を見上げて

その先の空を見て

生きてるって感じた


毎日は同じじゃない

今と明日の今は違う

違う自分なんだ


ただそこにいるだけじゃ

生きてるにはもったいない

目覚めよ、自分!

つながる

つながる

途絶える


再会も別れも

全て必然


時に身をまかせて

気持ちを感じて


受け止めれば

風に乗れる


そしたら心を広げて

自由に飛ぼうよ


どこにでもいけるよ


人生は糸を紡いでいるようだ

揉まれて揉まれて糸になる


一本だけじゃ弱いから

二本三本たぐり寄せ


たまにはキレたりするけれど

四本五本手でよって


だから、

最初からできなくていい

強くなくていい


誰かのことを

同じように思って

互いに支えあえばいい


そうして糸は強くなり

縦と横とで布となり

人生の軌跡が見えてくる




まなざし

言葉じゃなくても伝わるものがある

言葉じゃないから伝わるものがある

言葉じゃないから、心にささる

それは、決してごまかせない感情


ありがとうのまなざしに

思い出の波が押し寄せて

思わず目を背ける

それは、まだ拭えない感情


ささったそれはそのままに

抜くと痛みがもう一度きちゃうから

そっと胸をおさえて

感情の波をおさえる






いちごいちえ

自分の人生の登山道を

振り返って見たら


地図には天気は書いてなくて

石ころも書いてなくて


仕事ずっと続くだろうとか

恋人すぐ離れるだろうとか


予測する「ナンセンス」

そんなことに気付かされた


今だって予測外のことに

翻弄されて泣きそうだけど


それは自分可愛さゆえの

甘えであり逃げであり


かけがえのない時と自分

孤独だから優しくなれる


翻弄されてる暇はない

一期一会と立ち向かえ自分


主演だもの

すべては場面でできていて

つなげて時間を紡いでいく


時間の流れも各々で

残る場面もそれぞれで


だから場面のすみっこは

人の個性があふれだす


監督演出自作自演

私を一番に生きていく